.

近年、一般的に多く普及しているデジタルカメラは大きく三種類に分ける事が出来ます。 一つはコンパクトタイプのデジタルカメラです。 光学式ファインダー機能は付加されていない為に液晶画面又は電子ファインダーを利用した撮影を行います。 リーズナブルで小型化や軽量化されている機種が多い傾向です。 撮影モードの選択や手ぶれ補正機能等が出来る為、初めてデジタルカメラを使用する際にも気軽に使用する事が出来ます。 一つはデジタル一眼レフタイプのデジタルカメラです。 従来のフィルム式一眼レフカメラ同様にレンズから入った光を投影する機能(光学式ファインダー)があります。 基本的にファインダー越しの景色はそのまま撮影されます。 高画質でありレンズの交換を行う事が出来る機種が殆どです。 一つはミラーレス一眼タイプのデジタルカメラです。 光学式ファインダーを省いたデジタル一眼レフタイプのデジタルカメラです。 電子ファインダー又は液晶画面によって再現を行っています。